仮性包茎の手術費用に相場なく、施設によって色々

仮性包茎は個人的に治せるとも言われていますが、結果に個人差が出やすいです。
自力克服の方法をいくつか実践してみて、それでも良い結果が出なかった時はやはりプロフェッショナルに相談するのが良いですね。
実際に世間の男性陣の多くがメンズクリニックで手術を受けています。
仮性包茎は直接病気やEDなどを誘発する、いわゆる疾患やケガではありませんが、それによって男性のプライドや楽しい性生活に水を差されるのは確かですよね。

コンプレックスになっている方はメンズクリニックの費用を一度真剣に調べてみましょう。
いわゆる普通のケガや病気とは違い、保険適用外の手術になりますので、費用は完全にメンズクリニックによって差があります。
これが相場、平均価格というものは基本的にないので要注意です。

またメンズクリニックは費用は高めで、代わりに仕上がりが綺麗になりやすく、アフターサービスが充実しています。
翻って街の泌尿器科では安価な費用で仮性包茎を克服出来る手術が受けられますが、文字通り包皮を切除する施術だけが施される事が多く、コストパフォーマンスが良い代わりにペニスがやや不格好になりやすいのが難点ともいえます。
どちらをチョイスすべきは個人の判断という感じですね。

PRホームページ
仮性包茎の手術をメンズクリニックでとお考えならこちらの評価サイトへ

包茎手術の有名クリニックを5段階で総合評価【令和最新版】
https://www.comcha.net/

仮性包茎の手術の術後で注意したいこと

仮性包茎の手術の術後には普段の生活の中でいくつか注意しなければいけないことがあります。
これを守ることで早期回復になりトラブルを防ぐ事が出来ます。
まず、術後は患部に強い刺激を与えないようにして4日目以降の患部の洗浄なども必ず行うことで、完治が早くなって仕上がりも綺麗になります。
また、何か問題があった時には直ぐに医院へ相談します。

シャワーは手術翌日から3日目までは傷口を濡らさないようにすれば可能で、包帯の上からビニールを被せたりすると良いです。
4日目から14日目までは浴槽には浸かれませんが包帯を外して傷口をシャワーで濡らして、石鹸などで軽く汚れを洗い流すことは出来ます。
洗浄後も病院でもらう消毒などを患部に塗布してから包帯を交換します。

3週間経過したら浴槽に入れます。スポーツは1週間後ぐらいだと出血する可能性があるので激しい運動は避けて、傷口を安静にすれば普段の生活は問題がないです。
2週間後に運動は出来ますが強く患部にぶつけないようにして、3週間後からは水泳は糸が完全にとれてから出来ます。

乗り物も1週間ぐらいは自転車やバイクの運転は避けた方がよいですが、自働車なら手術当日から可能です。
食べ物は終わってから4日間は飲酒は避けてコーヒーや辛い物、タバコなどは大丈夫です。
下着の制限はないですが、ペニスを強く圧迫するようなズボンは避けた方がよく、また、性行為やマスターぺーションは術後3週間は行えません。
経過後も傷口に糸が残っているときはまだしない方が安心です。