仮性包茎を治療するためにかかる料金

包茎には大きく分けて「仮性包茎」と「真性包茎」があります。
真性包茎の場合には日常生活に大きな支障をきたす可能性もあり病気の一種なので健康保険が適用される可能性が高いです。
一方の仮性包茎のほうは病気とは言えないのでほとんどの場合に健康保険適用外です。
健康保険が適用されると3割負担となるので、下手をすれば仮性包茎のほうが治療費が高額になってしまうということですね。
同じ真性包茎の手術でも美容系のクリニックを受診した場合などには健康保険が適用されないこともあるので注意しましょう。
真性の人は泌尿器科を受診したほうがいいです。

治療にかかる料金はどのような手術をするのかによって異なります。
相場はだいたい8万円から16万円程度になると言われています。
真性包茎の手術なら保険が適用されて3万円程度になるので、仮性包茎のほうがコストがかかるという残念な結果になっていますね。
口コミによるとぼったくりの病院もあるそうなので注意です。
手術をした後で「もう少し長くしましょうか」などと言われてどんどん追加されていき、総額で70万円程度かかってしまったという体験談もネット上に見つかります。
亀頭増大・陰茎増大・ブツブツ除去などさまざまなプランがあるので自分に必要な最低限のプランにしておくとコストの節約になります。

仮性包茎の手術費用に相場なく、施設によって色々

仮性包茎は個人的に治せるとも言われていますが、結果に個人差が出やすいです。
自力克服の方法をいくつか実践してみて、それでも良い結果が出なかった時はやはりプロフェッショナルに相談するのが良いですね。
実際に世間の男性陣の多くがメンズクリニックで手術を受けています。
仮性包茎は直接病気やEDなどを誘発する、いわゆる疾患やケガではありませんが、それによって男性のプライドや楽しい性生活に水を差されるのは確かですよね。

コンプレックスになっている方はメンズクリニックの費用を一度真剣に調べてみましょう。
いわゆる普通のケガや病気とは違い、保険適用外の手術になりますので、費用は完全にメンズクリニックによって差があります。
これが相場、平均価格というものは基本的にないので要注意です。

またメンズクリニックは費用は高めで、代わりに仕上がりが綺麗になりやすく、アフターサービスが充実しています。
翻って街の泌尿器科では安価な費用で仮性包茎を克服出来る手術が受けられますが、文字通り包皮を切除する施術だけが施される事が多く、コストパフォーマンスが良い代わりにペニスがやや不格好になりやすいのが難点ともいえます。
どちらをチョイスすべきは個人の判断という感じですね。

PRホームページ
仮性包茎の手術をメンズクリニックでとお考えならこちらの評価サイトへ

包茎手術の有名クリニックを5段階で総合評価【令和最新版】
https://www.comcha.net/

仮性包茎の手術の術後で注意したいこと

仮性包茎の手術の術後には普段の生活の中でいくつか注意しなければいけないことがあります。
これを守ることで早期回復になりトラブルを防ぐ事が出来ます。
まず、術後は患部に強い刺激を与えないようにして4日目以降の患部の洗浄なども必ず行うことで、完治が早くなって仕上がりも綺麗になります。
また、何か問題があった時には直ぐに医院へ相談します。

シャワーは手術翌日から3日目までは傷口を濡らさないようにすれば可能で、包帯の上からビニールを被せたりすると良いです。
4日目から14日目までは浴槽には浸かれませんが包帯を外して傷口をシャワーで濡らして、石鹸などで軽く汚れを洗い流すことは出来ます。
洗浄後も病院でもらう消毒などを患部に塗布してから包帯を交換します。

3週間経過したら浴槽に入れます。スポーツは1週間後ぐらいだと出血する可能性があるので激しい運動は避けて、傷口を安静にすれば普段の生活は問題がないです。
2週間後に運動は出来ますが強く患部にぶつけないようにして、3週間後からは水泳は糸が完全にとれてから出来ます。

乗り物も1週間ぐらいは自転車やバイクの運転は避けた方がよいですが、自働車なら手術当日から可能です。
食べ物は終わってから4日間は飲酒は避けてコーヒーや辛い物、タバコなどは大丈夫です。
下着の制限はないですが、ペニスを強く圧迫するようなズボンは避けた方がよく、また、性行為やマスターぺーションは術後3週間は行えません。
経過後も傷口に糸が残っているときはまだしない方が安心です。

仮性包茎の効果的な治療法

多くの男性たちが性器のトラブルを抱えて悩んでいます。
その中でも特に増えているのが、仮性包茎です。
男としてのプライドが邪魔をして恥ずかしいこともあり、なかなか周りに相談しにくい問題となっています。
放置しておくと雑菌が溜まりやすく、炎症を起こしてしまう場合も少なくありません。
そんな仮性包茎を短期間で効率的に治療するためには、簡単な手術が最適といえます。
事前に十分な時間をかけてカウンセリングを行いますので、納得した上で専門医に任せることができるのです。
麻酔後には高周波のメスで切開をしますが、痛みを感じることなく快適に施術を受けることができると多くの人々から選ばれています。
傷跡は小さく目立ちにくいものですので、初めてでも安心して委ねることにつながっているのです。
医療用の吸収糸を使用することで抜糸なども不要のため、非常に便利で手軽な気持ちで選択が可能です。
このように、本気で仮性包茎に悩んでいるなら、実績が豊富でノウハウを身に付けた専門クリニックで包茎手術を受けることが悩みの早期解決に結びつくといえます。
安全性が高くアフターケアが万全の状態で臨機応変に対応してくれる医療機関を選ぶと、安心して信頼できるのです。

手術が不要となる仮性包茎の治し方のポイント

男性の悩みの一つに包茎が存在しますが、その包茎には種類が存在し真性包茎・仮性包茎・カントン型包茎の三つがあります。
中でも多くの男性は仮性包茎に該当することも多いのが実情で、その状態で手術を検討する方もいるのではないでしょうか?
ただ実際には仮性包茎にあっても手術をした方が良い場合と手術をしない方が良い場合の二つに分けることが可能です。
手術をした方が良いのは手を使っても包皮から亀頭部分を露出することができないケースで、また露出に伴う包皮の痛みや違和感が生じる場合になります。
ただ一般的に手によって亀頭部分を露出することができ、痛みや生活などにも支障が存在しないのであれば、別段、手術を行う必要はありません。
本来、包皮はペニスを保護する機能も存在するからとなります。
ただその治し方のポイントは、いかに亀頭部分を増大させるかを検討すれば良いのです。
亀頭増大はペニス増大の要になり、その亀頭増大を実現することができれば常時、包皮に覆われにくい剥けている状態になります。
その治し方には亀頭部分の血流を良くすることが重要で、シトルリンを配合したサプリメントを利用してみることがおすすめです。
シトルリンは血液中に一酸化窒素を巡らせ、特にペニスの血管の拡張を促し血流を良くしやすいというメリットがあります。
それで亀頭が増大していけば、自然と包皮が押し戻される結果になるので仮性包茎の悩みも解消させることに繋がります。